ブロッコリースプラウトのアンチエイジング効果


ブロッコリースプラウトでがん予防

 

ブロッコリースプラウトは、がん予防に効果があるといわれています。

 

発がん性物質は、大気汚染や化学物質、食物、たばこの煙などに数多く存在し、
人間は毎日それらを体内に取り込んでしまっています。
取り込まれた発がん性物質が体内の細胞を攻撃し、細胞内の遺伝子に異常をきたすわけです。
その傷を受けたDNA細胞が分裂して突然変異のがん細胞が発生します。
さらに、がん細胞が増殖して周囲の組織を侵していく。 
こうして、がんが進行していくわけです。

 

通常ならば、体内にある酵素類の2段階の働きを経ることで発がん性物質は解毒され、
体外に排出されます。

 

以下の図にありますように、

 

フェーズ1 (第1相)で、酵素が体内に入った発がん性の外的因子を分解して
発がん性物質に変えるという働きをし、

 

フェーズ2 (第2相)ではグルタチオンという抗酸化物質が発がん性物質を
無毒化しようとしますが、このグルタチオンの生産を促進する働きをしてくれるのが
スルフォラファンという成分です。
グルタチオンが増えると、細胞が活性化し、新陳代謝が進みますので、
スルフォラファンを摂取することは新陳代謝の活発化に繋がります。

 

 

 

 

食欲不振や体のだるさの原因として、肝機能の低下が挙げられるそうです。
肝臓は、お酒の飲み過ぎで悪くなると思われがちですが、ストレスや睡眠不足、
食べ過ぎといった生活習慣の乱れも要因となっています。

 

ブロッコリースプラウトは、その肝臓の働きも高めるという効果も持っています。
肝臓は食べたものを分解し、解毒するという大切な役割を担っているので、
肝臓の働きが悪いと解毒作用もうまくいきません。
デトックス効果を狙うためにもブロッコリースプラウトを摂取するようにしましょう。

 

 

ただし、毎日食べる必要はありません。
がんを抑制する成分スルフォラファンが発がん性物質や有害物質を体外に
たたき出す作用は、ありがたいことに持続性があって、なんと3日も続くそうです。

 

そのため、がんになる危険性を減らすには、
3日に1回のペースでブロッコリースプラウトを食べると効果的です。

関連ページ

スルフォラファンの効果
ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。見た目は、カイワレ大根に似ています。 ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーよりもはるかに多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、 人間のカラダに良い栄養素をたくさん含んでいます。
レシピ集
ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。見た目は、カイワレ大根に似ています。 ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーよりもはるかに多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、 人間のカラダに良い栄養素をたくさん含んでいます。
口コミ情報
ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。見た目は、カイワレ大根に似ています。 ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーよりもはるかに多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、 人間のカラダに良い栄養素をたくさん含んでいます。
育毛効果
ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。見た目は、カイワレ大根に似ています。 ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーよりもはるかに多くのアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、 人間のカラダに良い栄養素をたくさん含んでいます。